スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年11月26日 

ある日本食材店の商品値上げのお知らせ。
「親愛なる顧客、私達は最後の3年の間に物価変動を行なわなかった。
増加する費用のために私達はあるプロダクトの価格のための規則を作った。
私達の点のあなたの理解をありがとう。」
なんでも、日本人スタッフが出張中で
トルコ語の原文を自分達で和訳したそう。
物価変動を行なうのは一企業にはムリ・・・。


(トルコ・大矢ちはる)

スポンサーサイト

2007年11月22日 

若者の間で大人気なのが、漢字のタトゥー。
可愛い女の子が私に「うなじに入れたの。格好いいでしょ?ラブの意味よ」
でもそれは「変」だった・・・。
もちろん、真実は言えませんでした。


(ミュンヘン・藤まいこ)

2007年10月25日 

日本食デリバリーのメニュー表を読むのは精神的余裕のある時にしたい。
とんかう」(とんかつ)、
おにぎワ」(おにぎり)、
焼きうどんやット」(焼きうどん)。
オーダーする時にもこの通り読むべきか悩んでしまう。


(中国・林秀代)

2007年10月18日 

ある焼肉屋の日本語メニューのこと。
「テジカルビ」とは「豚カルビ」のことだが、
「豚」の漢字が「月死」と表記。
無理をすれば2つ合わせて「豚」に見えなくもないけど、
「月死カルビ」って名前が怖い。


(韓国・原美和子)

2007年10月17日 

とある街角の刺身店の看板に「メグロ」。
「マグロ」と言いたいのだろうけど、「メグロ」は東京都ですよ?
(後日、お店の看板の「メ」の部分は「マ」に直されていた。)


(韓国・原美和子)

2007年10月8日 

ソウルの鐘路にある大手日本語学校のチラシを見ていて思わずぶっ飛んだ。
だって講座名がズバリ「にほんじん会話」なんだもん。
「ネィティブ日本人講師による本格的な日本語会話講座」という意味なんだろうけど、
ええい長すぎるわ、とバッサバッサ省略しまくった結果がこの「にほんじん会話」。
わざわざ漢字かな混じりにしたところにそこはかとないセンスが感じられなくもない。


(韓国・平瀬美保)

2007年3月30日 

「おれのじぃちゃんは広島出身なんだ。ほら見ろよ」
日系3世の友人が背中に刻んだ入れ墨を見せてくれた。
広鳥」―――。


(ブラジル・門脇さおり)

2007年3月21日 

ブラジルの邦字紙を読んでいて、
「フランチャイズ世界一、ハンバーグ店・マッドナルズ」と出てきた。
それって、McDonald's(マクドナルド)でなくて?


(ブラジル・門脇さおり)

2007年3月20日 

サンパウロの東洋人街にあるファースト・フード店の看板。
日本語で「あなたの望みは叶えられます」。
どんな望みを叶えてくれるのでしょうか――。

2007年3月19日 

あるお茶の日本語表示。
二回ぶっつづけでぉ湯を注ぎぉ召し上がゐできます。
なぜかみなさん「ゐ」がお好きなようで……。


(上海・燕 洋子)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。