スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年11月5日 

「スシは手で食べるのが通なんだよ」と言いながら、
刺身も手で食べるのはやめてください。


(ニューヨーク・及川彩子)

スポンサーサイト

2007年9月17日 

おにぎりをナイフとフォークで食べるのはやめて?!


(ボストン・花咲ありす)

2007年9月10日 

外国人の夫。即席「焼きそばU●O」を「汁そば」と間違えて食べるのはやめてください。
想像しただけで怖いです。
さらに「おいしかった」とコメントするのはもっとやめてください。


(アラブ首長国連合・いせもとゆかり)

2007年9月10日 

外国人の夫。
即席「焼きそばU●O」が汁そばで無い事を知り、お湯切りの方法を覚えた後で
ソースまでお湯切りするのはやめてください。
味がない
そりゃ当たり前です。


(アラブ首長国連合・いせもとゆかり)

2007年5月13日 

アサリやシジミは「虫」なので絶対に食べられないと申す夫。
その血を半分受け継ぐ息子は大好きで、ネパールに来てからも「シジミ、食べたい」と。
もっとご馳走は思いつかないわけ?


(ネパール・うえのともこ)

2007年5月8日 

「日本人は生のカエルを食べるんでしょ?気持ち悪いわ」
食べませんっ!


(ネパール・うえのともこ)

2007年4月26日 

「日本人は生の魚を食べるんでしょ?信じられないわ」
多分、尾頭付きの魚にかぶりついているイメージを浮かべているかと思われ、
「ちゃんと身を薄く切って、しょうゆと薬味をつけて食べるのよ」と説明。
しかし「踊り食い」という食べ方もあると付け加えたらどん引きだった。


(ネパール・うえのともこ)

2007年4月25日 

カトマンドゥの日本食屋にて白人男性が、
「エクスキューズミー?
あなたは日本人ですか?
ここの食事は日本のそれと同じなのですか?」
「はい、ほとんど同じですよ」
と返すとにっこり納得された様子。
疑ってかかる気持ちもなんとなくわかりますけどね。


(ネパール・うえのともこ)

2007年3月26日 

道端で私をみて合掌するのはやめてください。


(ブラジル・門脇さおり)

2007年3月7日 

スーパーの元気な試食係のオバサン。
息子の嫁が中国人とかで、
私の顔を見るたびに「ニーハオ!」とそれはそれは派手に挨拶してくれる。
何回か日本人だと説明し「こんにちは」まで伝授したのに、
数日たつとまた「ニーハオ!」に。
付き合いきれないと観念し「ニーハオ!」と笑顔で返した途端、
あ、あんたは'こんにちは'だったね」と思い出すのはやめてください。
そのあとの、身の振り方に困ります。


(アメリカ/ハンソン・ヨウコ)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。