スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年1月31日 

セリエA開幕日。
朝、市場へ行くと、八百屋のおじさん、パン屋のお姉さん、金物屋の若造、みんなが声を揃えて歌ってる。
「We will We will Rock you!(by Queen)」
今夜へ向けて気合を入れまくってる。
まだ試合開始12時間前なんだけど・・・。
あの?野菜、買いたいんだけど・・・。


(イタリア・キアーレ)

スポンサーサイト

2006年1月29日 

ホストマザーとその子どもは私の名前を正確に「マユコ」と発音します。
ホストファザーだけは3ヶ月経つ今でも「メヨコ」。
もはや修正するタイミングを失っているんでしょうか。


(カナダ・希緒)

2006年1月28日 

「カバ」という名のココア。
なんだかナイルの水みたい…


(ドイツ・ツムトーベル由起江)

2006年1月27日 

「モンダミン」という名の「とろみづけ調味料」。
片栗粉のかわりに使いますが、
「お口クチュクチュ」ではありません。


(ドイツ・ツムトーベル由起江)

2006年1月26日 

ファーストネームの困ったチャンは、
なんといってもUschi(ウシー)。
「こちらがウシーおばさん」と紹介されると
いまだにホルスタイン柄が浮かんでくる…。
ちなみにウルズラという名の愛称形だとか。


(ドイツ・ツムトーベル由起江)

2006年1月25日 

日本人が珍しいここアフリカでは、日本人だと分かると
人々は積極的に自分が知っている日本の知識を駆使して話しかけてくる。
困るのはその知識が現実とかけ離れている時である。
インテリ層に属する日本へ行ったことがあるK氏は
こんな感じで8年前に行った日本の思い出を話してくれた。
「日本はイイトコですねー、ワタシ、広島行きました。
原爆ドーム見てとても悲しかったです。
その後有名なブレット・トレイン(新幹線)に乗ってバンコック行きました(!!?)
バンコックでは日本の女の人(?)にマッサージもしてもらいましたよー。」
思わず太平洋に作られた海中トンネルを爆走する新幹線と
タイ式マッサージをアフリカ人に施す日本女性をイメージしてしまいましたが、
彼の甘美な"日本"の思い出を壊したくないので黙っていました。


(ケニア・コジャック)

2006年1月24日 

友人の息子はニューヨーク育ちのバイリンガル。
人生の大半をアメリカで過ごしているのに日本語もちゃんと喋れるのが友人の自慢。
でも、お母さんは?と聞いた時
"ママは電話に乗ってるよ"=She is ON the phone
と答えるのはやめて下さい。
足を屈めて小さな電話の上に乗っている友人を想像してしまいます。


(ケニア・コジャック)

2006年1月23日 

カレーライスにスプーンがついてきたからといって、
お箸が使えないとバカにされたと思うのは、やめてください。

(ロンドン・西川しずか)

2006年1月22日 

セールだからといって、6人がけソファーを、
BUY 1 GET 1 FREE(1つ買うともう1つもらえる)
で売るのはやめてください。

(ロンドン・西川しずか)

2006年1月21日 

『Kenco』という体に良さそうな名前のインスタントコーヒー。
コーヒーの飲み過ぎは良くナイデス。

(アイルランド・小島瑞生)

2006年1月20日 

同僚のポルトガル人のRさんは
日本人の女の子3人と家をシェアして住んでいるとあって、
最近とみに日本語が上手くなった。
だからといって仕事を終えて一足先に帰ろうとしている私に向かって笑顔で
『行ってらっしゃい!』
と言うのはやめてください。
確かに翌朝戻って来るんですけどね。


(アイルランド・小島瑞生)

2006年1月19日 

ブラジル・ポルトガル語ではママ、パパに「イ」を付けて、
ママイが「お母さん」、パパイが「お父さん」になる。
半年ほどブラジルに住んだ女の子が日本へ帰って
「○○ちゃん、ポルトガル語、上手になったでしょ。
お父さんは何て言うの?」
「パパイ」
「お母さんは?」 「ママイ」。
「すごいわね、じゃあ、おじいさんは?」
ジジイ」 「…」。
ちなみに正しくは「アボ」です。


(ブラジル・大久保純子)

2006年1月16日 

「お寿司好きなのー。でも生魚は食べられないわー」
よく分かりません。


(マレーシア・由木音)

2006年1月15日 

イギリス版英語の教科書で、
わたしが想像する日本ではないことを、
「日本ではこうなっている」と紹介するのは
やめてください。


(マレーシア・由木音)

2006年1月14日 

ジーンズのミニスカート。
そのバックサイドに描かれた「原宿」というプリント。
その女性が歩くたびに、リズムをとる2文字。
「原、宿、原、宿、原、宿」。
可愛かった。


(マレーシア・由木音)

2006年1月13日 

暑いのに。
30度を越す暑い毎日。
そのなかで、格好をつけて煙草をふかし、
ファー付きのモコモコジャンバーを着こなす若者。
マレーシア版、石原軍団ですか?


(マレーシア・由木音)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。