スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年2月28日 

部長、いくら「R」の発音が得意だからといって、
本来「L」のところを「R」で、
「R」のところを「L」で言わないでください。


(日本・御園和歌緒)

スポンサーサイト

2006年2月27日 

お風呂に入ってください。


(香港・宮道伸子)

2006年2月26日 

冬でも冷房をガンガンかけてエスキモー気分にさせるのは、やめてください。


(香港・宮道伸子)

2006年2月25日 

都合の悪い時だけ英語が分からないフリをするのは、やめてください。


(香港・宮道伸子)

2006年2月24日 

正装して山歩きをするのは、やめてください。


(香港・宮道伸子)

2006年2月23日 

ランニングシャツをまくり上げて腹を出し、
短パン、革靴でさわやかに街を闊歩する夏のおじさんスタイル、
やめてください。


(香港・宮道伸子)

2006年2月22日 

路上で見つけたゴキブリを笑顔で即座に踏み潰すのは、やめてください。
(ゴキブリが路上に現れる季節になると、
道には踏まれて干からびたゴキちゃんの標本があちこちに出没...
香港の夏の風物詩(?)です。)


(香港・宮道伸子)

2006年2月21日 

おすそ分けのクッキーがアリだらけ!
ペッペッペッとアリを払って、何事もなく手渡された。
ア…アリがとう…


(アメリカンサモア・柳水砂子)

2006年2月20日 

「アンタ、ドイツ人だったよねェ?」
「ヤヤ、思いっきり日本人なんですが」
「ま、どっちでもいいわよね」
…こだわらない。こだわらないぞここの人たち。


(アメリカンサモア・柳水砂子)

2006年2月19日 

サモアンさえいなければこの島は楽園なんだ!
と絶叫する駐在アメリカ人。
だけど、ここ、サモアだし。


(アメリカンサモア・柳水砂子)

2006年2月14日 

香港にて。
足裏マッサージに行ったら、そこのお姉さんがカタコトの日本語で
「アナタ、日本のマツダケイコに似てる?ね。」って。
松田聖子、松坂慶子、増田恵子、一体誰なのか…。


(アルゼンチン/晃子・デ・コサ)

2006年2月13日 

フランス人の義理兄。
昔、知り合った日本人に簡単な日本語を教わったとかで、
寒い日に「ちゃっぷい、ちゃっぷい」といまだに言うのはやめてください。


(アルゼンチン/晃子・デ・コサ)

2006年2月12日 

オーストラリア在住の姉夫婦。
姉の誕生日に菊の花束を抱えたフランス人の義理兄。
仏花をもらって困惑していた姉の表情が忘れられない。


(アルゼンチン/晃子・デ・コサ)

2006年2月11日 

ある日、コーヒーを飲もうとしたら、シュガーポットにアリ。
取り除こうとしても小さくて、すばしっこくてなかなか取れない。
そしたら、夫がスプーンでガブッとひとすくいして、コーヒーの中へ。
黒い液体の中に消えていったアリさん…。
「アリって体にいいんだよ。知らなかった?」と無邪気な夫。
知らね?よ!


(アルゼンチン/晃子・デ・コサ)

2006年2月9日 

イギリスのパプは基本的に立ち飲み。それもつまみも無しにガンガン飲む。
私 「それって酔わない?」
同僚「酔っ払ったら立ってられなくなるから。すぐわかるから大丈夫だよ。」
...恐るべしイギリス人。


(ロンドン・志波レナト)

2006年2月7日 

その昔我が家にきたイギリスオタクが私のハイテク炊飯器を指差して一言、
「これってPentium4?
(炊飯器にインテルは入っていません。。)


(ロンドン・志波レナト)

2006年2月6日 

月に一回の近所の中華食材屋での買出しで。
日本食材コーナーに誇らしく置かれていた焼肉のたれのパッケージには大きく
やきにくのしる」と書いてあった。


(ロンドン・志波レナト)

2006年2月6日 

近くのアジアングロッサリーで納豆を発見!
久々の納豆に嬉しくて、大量に買い込んだら、次の時に値上がってました。
需要と供給のバランスなんでしょうか?


(オーストラリア・アイランドさとこ)

2006年2月4日 

上の階のおばあちゃん。
「わたしと同じタイミングでトイレに行くの、やめてくれない?
水、流れにくくて・・・」ってそんなん無理だろ・・・。


(イタリア・キアーレ)

2006年2月3日 

若いのに、2週間も髪を洗わずに美容院にくるの、やめてください。
ベタベタやん・・・。


(イタリア・キアーレ)

2006年2月2日 

「アサリ ヤ イセエビ ハ ユデル ト キィーーーッテナキダス。 カワイソウ」ってうそだろ。
ぜったいないよ、お料理の先生!ボンゴレ教えてよ。


(イタリア・キアーレ)

2006年2月1日 

公共のバスの中で。
20歳代のイケてるサラサラヘアの男の子。
昼間っからマンマに電話して今夜の夕食の献立聞くの、やめてください。
「じゃ、あとで、またねマンマ」って、あんた・・・。


(イタリア・キアーレ)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。