スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年10月30日 

大阪人は、焼きそばをおかずに白いご飯を食べる。


(元東京人・柳沢有紀夫)

スポンサーサイト

2007年10月26日 

北京首都空港で登場した自動両替機。
試してみると、ちゃんと機械が動いている!
感動にひたって両替を待ってると、突然、
機械の真後ろから「パスポート見せて。」と人が登場!
私はアイーンの体勢で引き、子どもは硬直状態。
自動販売機を設置してもすぐに壊れる中国。
修理するよりも人を置いた方がまだ安いのね。
でも取り扱い中に機械から人を登場させるのはやめてください。
怖すぎる。


(中国・林秀代)

2007年10月25日 

日本食デリバリーのメニュー表を読むのは精神的余裕のある時にしたい。
とんかう」(とんかつ)、
おにぎワ」(おにぎり)、
焼きうどんやット」(焼きうどん)。
オーダーする時にもこの通り読むべきか悩んでしまう。


(中国・林秀代)

2007年10月24日 

インター育ちの子どもが日本人学校のお友達と親も交えて遊んだときに
うちの息子が大声で、
「おかーさーん、「ムカツク」ってどういう意味?○○くんが僕に言うの?。」
お友達のお母さんが赤面して飛び上がってしまいました。


(中国・林秀代)

2007年10月23日 

扉のあるトイレで開けたまま用をしないでください。
トイレに入ったときに目が合ってびっくりしますから。
お願いです。


(中国・林秀代)

2007年10月22日 

緑化運動盛んな中国で、「緑化運動」と称して、
土に緑のペンキを吹き付けるのは、
確かに「緑化」だけど、やめたほうがいい。


(中国・林秀代)

2007年10月19日 

洋便器の上に靴のまま乗ってスクワットするのはやめてください。
便器を掃除することからトイレは始まる。


(中国・林秀代)

2007年10月18日 

ある焼肉屋の日本語メニューのこと。
「テジカルビ」とは「豚カルビ」のことだが、
「豚」の漢字が「月死」と表記。
無理をすれば2つ合わせて「豚」に見えなくもないけど、
「月死カルビ」って名前が怖い。


(韓国・原美和子)

2007年10月17日 

とある街角の刺身店の看板に「メグロ」。
「マグロ」と言いたいのだろうけど、「メグロ」は東京都ですよ?
(後日、お店の看板の「メ」の部分は「マ」に直されていた。)


(韓国・原美和子)

2007年10月15日 

パン、ケーキ、マドレーヌ、カステラ……
洋菓子を全てまとめて何でも「パン、パン」と呼ぶのはやめてください。


(韓国・原美和子)

2007年10月13日 

韓国料理が辛いものが多いからと言って、
パスタにタバスコ代わりにコチュジャン(唐辛子味噌)を入れるのはやめてください!


(韓国・原美和子)

2007年10月12日 

「日本料理」、「中華料理」の店で必ずキムチ……やめてください!


(韓国・原美和子)

2007年10月11日 

インド人の皆さんにお願いがあります。
「ノープロブレム」って軽く口にするのやめてください。
人が苦労して予約した列車の一等席に堂々とくつろぎながらの「ノープロブレム」。
真新しい植木鉢をうっかり地面に落として壊してしまってからの「ノープロブレム」。
ホテルの天井の扇風機が超高速回転しながら落ちてきた時の「ノープロブレム」。
あんたらにはノープロブレムだろうけど、こっちにはビッグプロブレムなんだからさ。


(韓国・平瀬美保)

2007年10月10日 

「びっくりしたジェスチャー」シリーズ

インド人って「トイレ」と言いたい時に小指をそっと立てますよね。
それも、なんとなく上目遣い&コソコソとした感じで立てますよね。
初めて見た時、愛人にならないか、と言われてるんじゃないかと思ってドキドキしちゃいました。
あ、ただドキドキしただけの話で愛人になる気はさらさらないですけど。


(韓国・平瀬美保)

2007年10月9日 

韓国で発売されている日本語会話集を手にとってみて思わずぶっ飛んだ。
A:ねえ、前歩いてる子の脚見て。
B:うわー、脚がサリーちゃん。
いきなりサリーちゃんかよ。
語学書として一体どうかと思うぞこのスタンス。
「サリーちゃん」の語源についてはちゃんと触れられているんだけど、
なんていうかそういう問題ではないような気がする。


(韓国・平瀬美保)

2007年10月8日 

ソウルの鐘路にある大手日本語学校のチラシを見ていて思わずぶっ飛んだ。
だって講座名がズバリ「にほんじん会話」なんだもん。
「ネィティブ日本人講師による本格的な日本語会話講座」という意味なんだろうけど、
ええい長すぎるわ、とバッサバッサ省略しまくった結果がこの「にほんじん会話」。
わざわざ漢字かな混じりにしたところにそこはかとないセンスが感じられなくもない。


(韓国・平瀬美保)

2007年10月4日 

カフェで緑茶ラッテを注文。
お砂糖は入れないで下さいね、とオーダーの時にしっかり念を押したにもかかわらず、
なんと、出てきたラッテの中には砂糖が余裕でスプーン3杯は入っているじゃないですか。
文句を言うと「甘い方が美味しいですよ」と涼しい顔。
お願いですから余計なことはやめてください。


(韓国・平瀬美保)

1007年10月3日 

食堂で石焼ピピンパを注文。
お肉は入れないで下さいね、とオーダーの時にしっかり念を押したにもかかわらず、
なんと、運ばれてきたピピンパの上には肉がしっかり乗っているじゃないですか。
文句を言うと「お肉があった方が美味しいですよ」と涼しい顔。
お願いですから余計なことはやめてください。


(韓国・平瀬美保)

2007年10月2日 

あの、韓国人の口癖が「パルリパルリ(早く早く)」なのはわかってます。
わかってますけどね、銀行ATMの順番待ちで人の背中にくっついて並ぶのやめてください。
暗証番号を盗み見しようとしているんじゃないことはわかるんですけど、
玄界灘を超えた途端に背後霊、というのはマジで怖いですから。


(韓国・平瀬美保)

2007年10月1日 

「フランス人ってすごい」シリーズ

スパゲティーをナイフとフォークで細切れにして食べるのが流行?
だったら長い麺にする意味が…。

(ボストン・花咲ありす)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。